日記のようなもの、日常や体験、考えたこと感じたことを自由に
Uncategorized

イスラム国は危険な国なのだろうか、偏った情報だけでなく良い部分にも目を向ける。

こんばんは、ナッツです!

イスラム国と聞くと日本人はネガティブなイメージを持つ人が

多いのではないだろうか。

日本にはあまり馴染みのない「イスラム教」日本人も何人か犠牲に

なった「ISIS」「自爆テロ」などなど。

8/26の夕方ごろ、カブールの空港にイスラム国の自爆テロが起き、

200人ほどの死傷者がでました。

このテロは、過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明をだして

おり、バイデン米大統領も報復する方針を示した。

しかし、この一部の「過激派組織」の行動ばかり目立ちその危険な

思想イメージでイスラムの全てを決めてしまうのも癪だと思う。

なので今日はイスラムってどんな宗教であり国なのか、そのなるべ

く良い部分に目を向けてみたい。

イスラム教とは?名言というより印象的な言葉

友よ、あなた方に言い遺すことがある。

陰に陽に神を畏れよ、控えめに食べ、控えめに眠り、控えめに喋り

罪を避け、断食と礼拝を怠らず、欲を慎み、苦難と災難を耐え忍び、

礼節を弁え、平凡に甘んじず、誠実な人々、賢明な人々と共にあれ。

最も良い人とは、人々の助けとなる人のこと。

最も良い言葉とは、短くとも誠実な言葉のこと。

別に大それたことは言っていない、仏教にも通じる部分がある言葉

ですね。しかしなんだか感じる違和感は、この言葉を「ルール」と

してかなり強く強要しているような感覚だ。

しかし信仰する人々にとってはそれが当たり前なのであり、強要さ

れているという感覚もないのだろうか。みんな平等、社会主義的な

思想が垣間見える。

災難に嘆き悲しむことをやめなさい。哀れなる者よ。さあ、アッラー

を信頼しなさい。なぜなら、嘆き悲しむごとに災難は増してくる。

嘆くのは間違いだと気づきなさい。

災難をあなたに与える御方をみいだせたなら、災難はあなたには最高

の贈り物、この上ない喜びとなることを知りなさい。

もしみいださなければ、災難はあなたには拷問と化し、この上ない

悲しみとなることを知りなさい。

災難箱世に満ち溢れているのに、あなたはこのような小さな災難になぜ

泣き叫ぶのでしょう?さあ、アッラーを信頼し、アッラーに任せなさい。

全てをアッラーに任せて、災難の顔に微笑みかけてごらんなさい。

そうすれば、災難もあなたに微笑みかけてくれるでしょう。

そして微笑むごとに、災難は小さくなり、形を喜びに変えることでしょう。

アッラーとはイスラム教における唯一無二の神のこと。

この世にアッラー以外の神はいないという信仰なので、ほかのキリスト教

や仏教などとは根本的に対立してしまう。

質素倹約は良い、苦難に耐え、善行を積み重ね、誠実であれという精神は

とても良い。しかし溢れ出るこのカルト臭…

信仰告白、礼拝、ザカート、断食、巡礼など、ルールも多い。

なんだかつくづく仏教で、そして日本に生まれて良かったなと思いました。

まぁしかし、アッラーが絶対神なので他宗教は敵!だから攻撃するみたい

な過激派はほんと極一部、穏健派で質素倹約に善行を重ねる人たちが大多

数だということは覚えておきたい。