日記のようなもの、日常や体験、考えたこと感じたことを自由に
Uncategorized

ミャンマーのクーデター、民主化運動を求める声と強硬的な弾圧に思うこと。

こんにちは、ナッツです!

2021年2月にミャンマーでは国軍がクーデターを起こし、民主化

運動のシンボルであったアウン・サン・スーチー氏を拘束

そのことに対する市民の抗議デモに対し国軍は実弾を使って弾圧し

すでに200人以上の尊い犠牲者がいるとのこと。

こういった長年王政や権力者の弾圧に苦しみ、民主化を求める

運動による戦争というのは過去何度も起きていました。

色々思うことがあったので記事にしたいと思いました!

日本ではどのくらい報道されてるのだろうか

最近ほんとテレビ見なくなったんですよ…なのでどのくらい

ミャンマーのことをメディアが報道してるのかはわかりません。

まぁおおまかな予想としてはミャンマーでデモが起きてて

市民が100~200人くらい亡くなりました~とか

自称ミャンマーの情勢に詳しいジャーナリストとか

大学教授とかの肩書だけ立派な人がチンプンカンプンな

ことをドヤ顔で話してるのかなーって思います。

アメリカがミャンマーに対して経済制裁を決める中

日本政府では何も具体的なことをしてないらしいですね。

最近の日本の政府・メディア・企業に関してはほんとに

利権まみれ、汚職まみれ、ほんとのこと、もっと深く突っ込んだ

ことはなにも語られないんだなって思いました。

こんなこと書くと反社会的な思考の危ない人なんだみたいに

思う人もいるかもしれませんが笑

僕は色んな情報を自分なりに整理してより辻褄が合うな

っておもうことを探したい人間なので、世間の「常識」や

メディアが声高に叫ぶことより直感を大事にするようにしてます。

そして僕が戦争について思うことは何度か記事にもしてるんですが

戦争は世界最大規模のビックビジネスであること。

どんなに人が犠牲になり悲しむ人がいたとしても、その裏側では

大金が流れ込み表では悲しんだ顔をしていても裏では笑いがとまらない

人達がいること。

世の中の動向は、国軍と市民どっちに味方するのが得なのかで判断

してるトップクラスの金持ち達がいること。

損得で動くのは別に悪いことではないと思います、どっちについても

批判されるんでしょうしだったら少しでも得な方に味方しますよね。

ぶっちゃけその人たちにとって人が何人死のうが人道的・道徳的な

部分は割とどうでもいいのかもしれません。

直感が求める真実、心が求めてることに従おう。

将来は絶対に金持ちになりたい!と思い必死で色々な知識を取り込み

ました。自分の中でもある程度の知識がたまり、どうしたらいいのか

の具体的な道筋も見えたのであとは学んだ事を継続し続けるだけかな

ってかんじです。

あまり何でもかんでも勉強しすると正しい情報とそれほど重要ではない

情報の取捨選択も大変になってしまいますからね。

そして無意識のうちに次は僕はどんな情報を求めていたんだろうって

思っていた矢先にyoutubeで非常に興味惹かれる広告が目に留まり

ました。

堤未果というジャーナリストが語る「株式会社アメリカの日本解体計画」

という本の記事です。

あまりに現代社会、日本とアメリカの裏側に突っ込んだショッキングな

内容らしくamazonではなぜかアダルト指定。

youtubeでも無料で内容配信したところ理由不明な謎のアカウント停止。

あまり見ない宣伝文句なのかなーとも思いましたが、広告内で語られる

大まかな内容はとても興味惹かれて即購入してしまいました。

常日頃思っていた政府・メディア・企業・社会への疑問への数々

でもその中の具体的な内容についてはよくわからない僕でした。

これも直感が働いたんだと思います、これが次に学ぶべきことなんだと

心が言っていたんだろうなって思いました。

こういった裏側とか社会で語られる「常識」とは真逆ともとれる本は

反社会的思想として世間からは敬遠され気味だと思います。

そんなことは百も承知ですがもうすでに真面目に学校へ通い、勉強して

良い企業に就職し、定年まで一生懸命働いて結婚して子供作って家や

車を購入して定年まで働いてets

そういった社会が求める「理想の労働者」から逸脱した人生を歩むこと

を決めてしまったんです。

だったらとことん自分の直感・本能・求めてることを追及していきたい

とそう思いました。

「弱い」と世間に流されるしかない。

もう一つ心に突き刺さった動画がありました。

2020年に「夜に駆ける」で一大旋風を巻き起こしたYOASOBIさんの

「怪物」という曲です。まずはリンク貼りますので見てみてください。

この優しくて透き通るような歌声と、有名歌手が歌うような当たり障り

のない大衆向けな「愛」とか「平和」などとは違い、真逆でどちらかと

いうと社会の裏側を描写するような歌詞は不思議と刺さるものがあります。

特にこの歌詞の部分

清く正しく生きること

誰も悲しませずに生きること

はみ出さず真っ直ぐに生きること

それが間違わないで生きること?

ありのまま生きることが正義か

騙し騙し生きるのは正義か

僕の在るべき姿とはなんだ

本当の僕は何者なんだ

教えてくれよ

世の中の夢とはかけ離れた理不尽な現実に頭を悩ませ、こんなふうに

自問自答した時期が僕にもありました。

若い世代の人はこういうことで悩むこともあるのではないでしょうか。

こういった理不尽を受け入れ、世間・社会の常識を許容しうまい具合に

順応していく、それが「大人になること」なんだよと言われたことも

あります。

いつまで子供のままでいるつもりだ?早く大人になれ!

先輩・上司の言うことは正しい、上の人間に従うことが常識なんだよ。

自称大人たちにそういわれ、何も持たない「弱い」若者たちは

疑問を抱えたまま従うしかありません。

そうやって従っていくうちに「世間ってこういうものなんだな…」って

諦めにも近い感情が勝っていくんです。

現代における「弱さ」とは「無知」であることだと思います。

「地位」でも「お金」でも「名誉」でも「環境」でも「才能」でも

ありません。

自分には地位もお金もない、環境も悪い、才能もない。

そう思って自分には何もできないって思ったことありませんか?

僕は数えきれないほどありますよ笑

でももう周りと比べるのはやめましょう。

その周りにいる人たちだって、生まれたその日から地位や

お金がありましたか?最高の環境がありましたか?

何の努力もせず何でもできるような才能があったと

本気で思っていますか?

何か持ってる人は必ず何か努力してるんですよ

そしてその努力は誰でもできることなんです

もしそれでもどうしたらいいのかわからないって思うなら

答えが見つかるまで勉強しましょう。

そのやり方も必ず見つけることができます。

自分の未来を決める選択肢を一人でも多くの人が見つけられます

ように。今日も頑張りましょう!