日記のようなもの、日常や体験、考えたこと感じたことを自由に
Uncategorized

世界的ベストセラーとなり売れ続けてる今読みたい書籍「チーズはどこへ消えた?」

こんにちは、ナッツです!

有名な本で聞いたことや読んだことがある人も多い絵本の

「チーズはどこへ消えた?」

今の目まぐるしく変わる世界で改めて考えさせられるなー

と思いちょっと記事にしたいと思いました!

ざっくりとしたストーリー

この話は2つのチームが巨大な迷路の中、チーズを探して

行動するストーリーになっています。

登場人物は小人の「ヘム」と「ホー」

そしてネズミの「スニック」と「スカリー」

それぞれが違った性格をしており行動の違いが顕著に

その後を左右しています。

ネズミチームと小人チームは探し方は違っても迷宮の中にある

無限にあるのではないかというチーズにたどり着けます。

その場所をステーションCと呼び毎日のようにその場所へ行って

チーズを食べ幸せな毎日でした。

しかししばらくしてそのステーションCにはチーズが無くなって

しまいます。

小人たちはひどくうろたえ

「なぜチーズが無くなったのか」

「原因は何なのか」

「ここにいればまたチーズがでてくるのでは?」

などと考えています。

しかしネズミたちの姿はそこには既にありませんでした

ネズミはチーズを常日頃食べながらも匂いを嗅いだり

爪で引っかいたりしながら日常に変化はないか、他に

チーズはないかなど行動していました。

そしてチーズの量が減っていることや、腐りかけてる

変化にいち早く気づいたのです。

もうここのチーズは長く持たないと悟ったネズミたちは、

変化に何も気づかずチーズを食べ続けてる小人たちを

尻目に別のチーズを探しに行っていたのです。

その後も小人たちはチーズのないステーションCへと

毎日向かいますが当然チーズはありません。

小人の「ホー」はこのまま何も行動しなければ一生

このままだと思い次のチーズを探しに行こうとしますが

「ヘム」は抑止します。

「他の場所を探すなんてリスクが高すぎる!ここにいれば

またチーズが出てくるかもしれないだろ?」っと

ですが「ホー」はその反対を押し切り一人で迷宮を探索し

新たなチーズを探しに行きます。

その結果「ホー」さまざまな苦難を乗り越え新たなチーズの山

「ステーションN」へとたどり着きます

そしてそこにはかなり前から辿り着いてチーズを堪能していた

ネズミたちもいました。

変化を恐れず行動し続けなければならないという教訓

今コロナをきっかけに世界中で変化が起き続けています。

株価は少しずつ回復してるようにも見えますがこれは金融緩和

の影響によるものなので実態はありません。

ステーションCにあったチーズとは人生で求めているものです

例えば、仕事や財産・健康など

そして迷路はチーズを追い求める場所であり、

会社や家庭、社会など

人間一度成功を掴んだり安定したりすると、そこからなかなか

次の行動・変化することを躊躇ったりします。

実際ヘムのように社会の変化に鈍感で、今ある日常に満足し

行動することを拒む人も非常に多いのだと思います

ですが今ある現状・日常がいつまでも存続する補償など

どこにもありません。

勤めてる会社だって今後はどうなるかもわからないのです。

働き方改革やインターネット普及によって今さまざまな

選択肢があります。

どんな変化にも対応できるよう、自分なりの武器を作るこ

とが何よりも重要なのではないでしょうか。

ブログを書いたりYouTubeで発信したり、収益を出すって

思うととても時間がかかるかもしれません。

ですがコツコツ続けていけば将来自分を支えてくれる

大きな味方となってくれると思います。

どんな小さなことでも、今までやってなかったことを

始めるってのはとてもいいですよね。

朝30分早く起きるとか、カーテンを開けるとか

15分でもいいから外を散歩するとか、靴を綺麗に

並べるとか、必ず掃除機をかけるとか

身の回りのことを少しでも変化させるとやがて

もっともっと変化させたいという欲求もでてきます

その小さな行動の積み重ねはきっと人生をよりよく

してくれると思います。

明日をより良く変え、社会のどんな変化にも

対応できるよう行動することを続けていきましょう!