日記のようなもの、日常や体験、考えたこと感じたことを自由に
Uncategorized

今日は4月1日!エイプリルフールの豆知識や気になったこと。

こんばんは。ナッツです!

今日はエイプリルフール、「嘘をついていい日」として広く

浸透している文化ですがいつ、どこで、どんなふうにそんな

風習が生まれ広まったかは意外とハッキリしていない

ものらしいです。

そして嘘のつきかたもちょっとしたルールがあるらしく

色々思ったことを記事にしたいと思いました!

エイプリルフールの意味や豆知識

よく「嘘をついていい日」とは言われますがなんでもいいわけ

ではなく「罪のない嘘やいたずらで笑わせてもいい」というの

が本当の習慣である。

海外で嘘というのは「joke=冗談」「trick=いたずら」

「prank=悪ふざけ」とされ、あくまでも冗談で楽しむ日

という文化です。

いつ頃どこで始まったかは色々な説があるのですが、有力な

説はその昔ヨーロッパでは3月25日が新年であり4月1日まで

春の祭りを開催していたが1564年にフランスのシャルル9世が

1月1日を新年とする暦を採用し、反発した人々が4月1日を

「嘘の新年」としてバカ騒ぎを始めたのがきっかけと

されています。

日本には大正時代に欧米から伝わり広く知られるようになり、

「万愚節」や「不義理の日」とも呼ばれました。

そして嘘をつくルールも色々とあり

・人を精神的にも肉体的にも傷つけない

・財産上の損害を与えない

・だましを含む

などなど、そういえばドラえもんでもエイプリルフールネタ

がありジャイアンたちがのび太君に「喜ばせてがっかりさ

せる嘘」をついた後に静香ちゃんが「びっくりさせて

後で安心させる嘘」の方が良いって言って嘘ついた場面も

ありましたね笑

こういった有名なイベントはゲームなどでも大々的にネタ

として扱われ色々なキャンペーンネタになってますね。

嘘をついたらダメという教え

嘘をついたらダメだ!っていうのは誰でも多分小学生くらい

の時に親や先生から教えてもらいますよね。

僕もよく嘘をついて怒られたものです

嘘がヘタでちょっと怪しいと思って詰められたらすぐ自白

してしまうので隠し事した+嘘をついたってので

普通の倍くらい怒られるんですよね笑

仕事においてもだいたい嘘をつくときって「保身」でつくん

ですけどほぼいい結果にならないってわかってからは

嘘をつくことをやめました。

よく「正直者は馬鹿を見る」って言葉も聞きますが

短期的に見れば悪賢く嘘ついて得をし、正直な人は

損をするようにも見えることは多々あります。

なんであいつは…みたいに思ったり、なんで自分ばっかり…

みたいに思うこともありましたが長期的に見れば

「正直は一生の宝」という言葉もあり、本当に人から好かれ

信頼される人っていうのは正直者一択なんですよね。

一緒に仕事してた人でも嘘ばかりつく人は結果的に嘘に

嘘を塗り固めてなにが本当か辻褄があわなくなり自分の首

を絞めてくような結果になりませんでした。

嘘をついたことがないわけではないですが、正直に生きるのが

結果的にほんと楽です。

嘘は他人だけでなく自分自身にもついてはいけない。

中国のことわざに「天知る、地知る、我知る、人知る」という

言葉があります。

とある国の役人が学者のもとへ行き、

「自分の立場がもっとよくなるように」

と贈り物をしました。

「誰も見てないからいいでしょう」

と役人は言いましたがその学者はこう言います

「天知る地知る我知る人知る」

中国には天にも地にも神様がいて全てを見てる、そして学者である

自分も知ってるし賄賂を渡した役人も知っている。

そういって贈り物を断ったんです。

咄嗟に嘘をつくと「ああ…今嘘ついてしまった」って思って

こういうとき目が泳ぐっていうんでしょうね。

嘘をつきなれてる人ってのはこういう風に目が泳ぐことも

ないんでしょうが…

どんな時でもどうせ嘘をつくならこのエイプリルフールのような

相手を楽しませれる嘘だけをつきたいですね笑