日記のようなもの、日常や体験、考えたこと感じたことを自由に
Uncategorized

多くの名選手を生み出した野村克也監督

こんばんは、ナッツです!

2020年2月11日、84歳で亡くなった名監督の野村克也氏。

監督として4球団の監督を務め多くの名選手を育て上げてきました。

人を育てる上で彼がどんなことに重きを置いていたのか、その言葉

から考察していきたいと思います。

野村克也の名言

「財を遺すは下、仕事を遺すは中、人を遺すを上とする」

野村監督は明治から昭和初期にかけて活躍していた政治家、後藤新平

の言葉を大切にしていました。

言葉の意味は、財産を築いたり仕事で業績をあげたりすること以上に

、人を育てることが難しくそれゆえ価値がある。という意味だ。

さらに古い人で「人は石垣 人は城」という言葉を残した武田信玄

にも通ずる言葉かもしれません。

お金も使う「人」がいなければ成り立たず、仕事も「人」がいなけ

れば成り立たない。全ての根幹は何といっても「人」の存在です。

育てるのは難しくても、それだけ教育には価値がありますね。

そして野村監督が指導者として大切にしてたのは、「選手の個性を

見極めることの大切さ」でした。

「見つける、育てる、活かす、じゃないの。9つのポジションで色々

な条件に合うか合わないか見つけるのも監督の仕事」

野村マジックとも呼ばれたその手腕、有名なのは新庄選手のエピソー

ド、打撃が低迷していた新庄選手にピッチャー挑戦を指示し、その肩

の強さを武器に140キロ台の速球でバッターを打ち取っていった。

そして打撃成績も大きく伸び主力として活躍する選手になりました。

逆に選手の将来性を考えて、大きな壁にぶつかる選手にあえて何も

言わないということもありました。

「手取り足取り何もかも答えを出すのは、果たして良いのだろうか。

やっぱり自分で考える、自分で答えを見つける。やっぱり耐える、

我慢、こういうのができると更に一段と育つ。楽をして、いい結果

は得られません」

この言葉は是非とも若い世代に伝えたい…世の中が便利になり、

生活が楽になればなるほど、人が苦労や困難を嫌って楽な方向へ

進む人が多くなってる気がします。

自分で考えて答えを出すこと、苦労や困難に耐えたり、乗り越えたり

することで得られる自信と成長。

その大切さが、もっと世の中に広まれば良いなと思いました。