日記のようなもの、日常や体験、考えたこと感じたことを自由に
Uncategorized

斜め上の発想、「カップヌードルソーダ」がめっちゃ気になる。

こんばんは、ナッツです!

日清食品が定番4種類のカップヌードルを炭酸飲料として商品化

するというなかなか斜め上なことをするようだ。

15000セットの限定販売で予約販売のみ、13日に発表され14日には

完売するというなかなか激しい状況になっている。

そして9月17日からはLOHACO、Rakuten24、ヨドバシ.comの販売

が予定されてるとのこと。

限定というところと斜め上の発想なのが面白いですね、かなり気に

なるけど入手は難しそうな気がします。

そして日清食品創業者「安藤百福」さんの名言もなかなかよかった

のでいくつか紹介します。

安藤百福の金言

人間は食べていかないと何もできない。

空腹がみたされてはじめて、

音楽や絵画や文学を楽しむことができる。

あたりまえっちゃあたりまえですけど、ありとあらゆる物事は

空腹では満足に楽しむことはできませんね。

樹齢二千年という立派なブナの木があるが、もとをただせば鳥

の糞からだ。

最初から立派なものなどない。

私が無一文になったとき、「失ったのは財産だけではないか、

その分だけ経験が血や肉となって身についた」と考えた。

すると、新たな勇気がわいてきた。

全財産を失うってどんな感覚なんでしょうか…お金はまた稼げ

ばいいと思えたりこういう前向きに考えれる人は、何度でも

立ち上がることができるんでしょうね。

ぶちこわしてしまえば、必ず後から何かの芽が出る。

今あるものを失うのはいやだ、怖いって思うこともあるかもし

れません。

でもしがみついてばかりでは新しいものも永遠に入ってこない

んですよね。僕も正社員という立場に拘ってしがみついていま

した。

正社員の方が将来性を考えれば絶対安泰なんだって思ってま

したし、やめたとして新しい仕事をちゃんと探せるかどうかも

不安ばかりでした。

しかしいざやめてみると、自分で起業して稼いでいくという道

があったり、意外と色々な人から仕事を紹介してもらえたりと

新しい道を開くことができました。

不安だ、怖いって思いこんでるものは、手放してみると実際大

したことないものばかりかもしれません。

常に自分が無意識に決めている限界をぶち壊してしまいましょう。