日記のようなもの、日常や体験、考えたこと感じたことを自由に
Uncategorized

春のジブリ放送スペシャル!思い出深いジブリや魅力的な世界観に思うこと

こんにちは、ナッツです!

4月に入り金曜ロードショーでジブリが2週連続放送という

ことで話題になってます!

子供の頃からジブリ映画は大好きだったので改めて色々

思うことを記事にしていきたいと思いました!

年表を見て振り返るジブリの歴史

ほんと改めてみるとジブリって凄いですね!

作品数も多いですし輝かしい賞をとったものも多数あり

特に「千と千尋の神隠し」は最近鬼滅に抜かれましたが

2001年にアニメ映画として公開されてからずっと興行

収入1位でした!

その他にもハウルの動く城、崖の上のポニョ、もののけ姫、

借りぐらしのアリエッティなどなどがランキングに名を

連ねておりまさに日本で現状トップのアニメ制作会社と

いっても過言ではありませんね。

現在制作中で2023年頃公開予定の「君たちはどう生きるのか」

というタイトルからも強いメッセージ性が込められてそうな

作品は個人的にかなり期待しています。

でも有名な漫画家・芸術家の人って実際人物像はかなり変人が

多いっていうのがありますけど、宮崎駿さんも色々記事読んで

みてかなーり変わった人だなって思いました笑

まぁその独創性がなにか新しい物を生み出すには必要不可欠

なのでしょうね。

宮崎駿さんの名言?迷言?「面倒くさい」

宮崎駿さんは膨大な量の編集をしながら何度も何度も

「面倒くさい」って口癖のように言ってるようです笑

てっきりこれだけ凄いアニメーション作家なら絵を

書くことが好きで好きでたまらないって人なんだろうなって

思ってましたが意外でした笑

まぁ制作に2年以上300人に及ぶスタッフを管理しながら

少しずつ完成させていく行程は想像するだけでも大変ですし

ハッキリ言って面倒くさいですよね。

でも「大事なものは、たいてい面倒くさい」

世の中って面倒くさいって思う自分との戦いでなんです笑

仕事だってぶっちゃけ面倒くさいですよね、でもみんな

生活のためにやらなきゃいけない

好きなことだけやって生きていけたらどんなにいいものか~

ってのは誰でも思うんじゃないでしょうか。

でも実際好きなことだけやって生きていたら、あまりに暇

を持て余して仕事したくなるって人もいるみたいですね笑

でも多くの人を抱える人がこんなことを日常的に言ってしまう

のは、やっぱり変わった人だなって思います笑

世間から後ろ指さされようとも自分を貫く人

近年インターネットの発展により良い部分もありますが、悪い

部分ももちろんあります。

掲示板とか見ると普段生活してたらあまり言われない

人間の負の感情ってものもたくさんありますからね。

でもそんな人間の負の感情に後ろ指さされてそうでも強く生き

てるって人もたくさんいます。

特に僕は凄いなーって思うのはニューハーフの人々ですね

地元にも1件そういうお店があって行ったことある人の

話を聞いたりもするんですが皆口を揃えて面白い!って

いいます。

近年では海外で同性婚とか認められてきていますが、まだまだ

偏見の目っていうのは沢山あるんじゃないでしょうか。

でもそんな偏見の目で見られるという事実も押しのけて

自分らしく生きていきたいって思って貫くのは並大抵の

決意ではないのだろうと思います。

それがどんな形だろうと、そういう人は尊敬できますね!