日記のようなもの、日常や体験、考えたこと感じたことを自由に
Uncategorized

未来のエネルギーとして注目されてるもの

こんにちは、ナッツです!

昨日に引き続き、現在の化石燃料に代わるかもしれない新

エネルギーについて書いていきたいと思います!

未来のエネルギーの続き

水力発電

日本は水資源に非常に恵まれており、発電への利用も昔から

盛んにおこなわれています。

発電は大きなダムのようなものを想像するかもしれませんが

近年は中小水力発電所の建設が活性していて大小さまざまな

規模があり、農業用水や上下水道を利用する場合もある。

開発が見込まれてる地点はまだまだ数多く残されているが、

事業の開始前には河川流況を長期にわたって調査が必要で

あり、しかも付近の環境への影響や地域住民の理解促進が

不可欠である。

バイオマスエネルギー

バイオマスとは動植物などから生まれた生物資源の総称です。

発電させるにはこれらの生物資源を「直接燃焼」したり「ガス

化」するなどして発電しています。

家畜の排泄物や稲ワラ、林や池から出たゴミを乾燥させて燃や

したりガスを発生させて発電するんですね。

エコではあるけどなかなか臭そうな感じがします笑

ただ資源が広い地域に分散しているため収集・運搬・管理に

結構なコストがかかる小規模分散型の設備になりがちという

課題があるようだ。

地熱エネルギー

日本は火山帯に位置しており、地熱を利用したエネルギーは

戦後早くから注目されていたようだ。

本格的な地熱発電所は1966年に運転を開始し、現在では東北

や九州を中心に展開されている。

総発電電力量はまだ少ない物の安定した発電ができる純国産の

エネルギーとして注目されている。

化石燃料ってほんとになくなる?

化石燃料はあと○○年でなくなってしまう!っていう話、なん

か僕が子供のころから言われてた気がするなーとふと思いまし

た。あれから10年~20年たってますけど実際のところどうなの

か、ちょっと気になったので調べてみました。

そもそもこういうふうにあと○○年でなくなってしまうのでは

ないか?というのは1970年代にあった「オイルショック」が

原因で、地球上の資源が枯渇してしまうのではないかという懸

念が広がったようだ。

しかし実際のところ新たな資源の発見や採掘技術の進化により

、使い続けているのに枯渇までの期限は伸び続けています。

従来の技術では採掘できなかった「シェールオイル」などが実

用化され、枯渇時期はさらに遠のいてます。

石油は80年代以降「あと40年以上」で変わらず、天然ガスは

50年以上、石炭は130年以上持つと言われてます。

しかし日本で化石燃料使用は批判されてしまいます。

その根幹は日本のエネルギー資源がとても貧弱だという事実が

あり、安くて豊富に手に入る石炭や石油の大きな恩恵を受けて

経済を発展させてきました。

急な路線変更はそうそうできるものではないのです。

さらに東日本大震災で起きた福島第一原子力発電所の事故で、

国内の原発は事実上止まってしまいました。しかし経済を止め

て生活の質を落とすわけにはいかないので、すぐに使える化石

燃料の依存を高めざるを得ないのです。

日本のエネルギー事情

日本の暮らしに欠かせない電気やガスなどのエネルギー、自国

で賄えてる割合はたったの12%と低く、世界で5番目にエネル

ギーを使ってる消費大国であるにもかかわらず、約9割を輸入

に頼っています。

震災以降、原発の不信感や危険性が騒がれ2021年3月の調査で

は、全54基あるうちの9基だけを動かしているようだ。

原発で足りなくなった分を火力発電で補っているのですが、も

し化石などのエネルギーを輸出してくれてる国でトラブルがあ

ると、自律的にエネルギーを確保しにくいという脆弱性があり

ます。

ほんとに日本って食料や生活に必要なエネルギーといったもの

の自給率が脆弱なんですね…

この快適な生活が成り立っているのは日本だけではなく、まさ

に世界中の助け合いがあってのものなんだと改めて思います。