日記のようなもの、日常や体験、考えたこと感じたことを自由に
Uncategorized

複数の人気女子アナがステマ疑惑?溢れるネット広告との付き合い方

こんにちは、ナッツです!

「めざましテレビ」の井上清華アナや「ノンストップ!」の

三上真奈穴など複数のアナウンサーがステマ疑惑を受け

調査されてるようですね。

内容は人気のある美容室へ通い、ヘアカットだけでなくネイル

サービスやマツエクなどを無料で提供する代わりに

店の看板前で撮影してSNSで投稿する行為が問題視されてる

とのこと。

ネット上に溢れる広告の中、ステマなのかそうではないのか、

はっきりせず曖昧な部分も多いので調べて記事に

したいと思いました!

ステルスマーケティングの定義とは

そもそもステルスマーケティングってなんでしょう?

はっきり知っとかないと安易に発信することもできません。

具体的な例としては何個かあるのですが

・企業の人間が一般消費者を装って自社商品の

イメージアップするような口コミを書くこと

・人を雇って店舗に長蛇の行列を作ること

・企業が「報酬支払うからこの商品に良い

口コミ書いて!」って募集すること。

・芸能人や有名なインフルエンサーなどが

「商品の宣伝であることを明記せず」、サ

プリを使って10㎏痩せました!とか商品

を宣伝し企業から金銭を受け取るなど

Amazonの口コミとかでも高評価と低評価の差が

激しかったり実際使ってみると口コミと全然違ったり

と、ネットショップの口コミはステマの温床になって

たりもします。

ざっくりまとめると「対価をもらって商品を宣伝する

こと、それを宣伝であると明記しない事」

といった感じでしょうか。

日本で起きたステマ事件

日本でもペニーオークション詐欺事件や食べログの

やらせ投稿事件などが大きく話題になりました。

ペニーオークションは一時期僕もネットサーフィン

してたらしつこいくらい毎日その広告を目にし

普通に買ったら5万~10万するような高額人気商品が

数百~数千円で買えるような胡散くささしかない

ものでしたね。

実態は業者から金銭を受け取った有名人・芸能人が

実際に落札してない商品を「安価で落札した!」と

嘘を掲載してペニオクサイトへ誘導し、入札のたびに

かかる手数料をだまし取るという悪質な詐欺でした。

食べログでも意図的に好意的なレビューや評価を投稿

し、ランキングを操作する「やらせ投稿」の対価と

して金銭を受け取った業者が39社もあったらしく、悪質

な業者もいたことで省庁の調査対象にもなりました。

インフルエンサーにも企業からの商品宣伝依頼

名前が売れ、フォロワーの多い人気インフルエンサーにも

企業が多額の広告費を支払い宣伝を依頼することも

日常化してるようだ。

物が溢れる中で如何に自社の商品を販売するかを考える

時、影響力の強いインフルエンサーに頼るのは時代に合った

宣伝方法だといえるだろう。

SNS投稿はステマと背中合わせな部分が強く、変に疑われる

と炎上して今まで築いてきたフォロワーたちの信頼が

一気に崩れかねない。

宣伝とは何か、ステルスマーケティングとはどんな行為に

なるのかしっかり理解しておく必要はある。

些細な伝達ミスでも起こりかねないステマ、法整備は?

ペニオクは明らかな詐欺だったので逮捕者も出ましたが

日本にはステマを明確に定義した法律やガイドラインは

ありません。

テレビ事業者を規制する放送法12条が「対価を得て広告

放送を行う場合には、その放送を受信する者がその放送が

広告放送であることを明らかに識別することができるよう

にしなければならない」とあります。

CMとかで商品のあと社名やスポンサーが表示されるのは

こういった法律があるからですね。

消費者庁ガイドライン「インターネット消費者取引に係る

広告表示に関する景品表示法上の問題点及び留意事項」

事業者が子客を誘引する手段として、自ら口コミサイトに

投稿したり、第三者に依頼して投稿させたことにより、一般

消費者が商品を優良であると誤認するような場合には、景品

表示法上の不当表示となる。

ともありますが、このほかにステマに当たる事例は具体的に

ありません。

最近ドコモやauがahamo・povo契約を考えてる人を店舗で

誘引し、通常の料金が高いプランに契約させるよう本社から

指示があったって話もこの景品表示法に問題ありと話題に

なっていました。

アメリカでは連邦取引委員会ってとこが取り締まりを行ってる

のですが、とにかくどこからどこまでがっていう線引きが

難しく結局のところ「お金をもらって宣伝していることが、

一般人にわかるかどうか」っていう抽象的な基準になって

しまいます。

今後もネット広告の影響力は強くなっていくと思いますし

きをつけたいところですね。