日記のようなもの、日常や体験、考えたこと感じたことを自由に
Uncategorized

666が忌み数とされる理由

こんにちは、ナッツです!

4度目の緊急事態宣言が12日に出され、オリンピックは無観客

で調整されるようですね。

やる意味あるのか?って思いますけど、ぶっちゃけやるなら

やるでいいし大した興味もないのでさっさと終わってほしいな

っと思います。オリンピック開催することがコロナに打ち勝つ

こととかちょっと意味が分からないので。

オリンピックやろうがやらなかろうが市民の生活は変わらない

のですからね。

選手たちもこれだけ中止が叫ばれてる中強行されるオリンピッ

クに出場するってどんな心境なのでしょうか。

今日は666の話と「ヨハネの黙示禄」のも触れていきます。

獣の数字、666の色々な説

666は新約聖書の「ヨハネの黙示禄」に記載されている。

新約聖書:紀元1世紀から2世紀にかけてキリスト教徒たちに

よって書かれた文書。「旧約聖書」とならぶキリスト教の聖

典である。27の書が含まれ、それらはイエスキリストの生涯

と言葉、初代協会の歴史、初代協会の指導者たちによって書

かれた。その中に含まれているのが「ヨハネの黙示禄」です。

ヨハネの黙示禄には666のことをこのように記載されている。

「また、小さな者にも大きな者にも、富める者にも貧しい者にも

、自由な身分の者にも奴隷にも、全ての者にその右手か額に

刻印を押させた。そこで、この刻印のある者でなければ、物を

買うことも、売ることもできないようになった。ここに知恵が

必要である。賢い人は、獣の数字にどのような意味があるか考

えるがよい。数字は人間を指している。その数字は六百六十六

である。」

全然意味わかんねぇ…笑

実際この文書の意味については、古来より様々に解釈されて

います。

聖書が指す人物とは?

数字は人間を指しているということから、いくつか反キリスト

の歴史上人物の名前が説として挙がっている。

キリスト教徒を弾圧した皇帝ネロ説

数ある中で一番有力なのが暴君として知られるローマ帝国第5

代皇帝ネロ。

ネロはキリスト教徒を大弾圧した初めての皇帝で、古今問わず

キリスト教徒からは嫌われている。

最も有名なのはローマを襲った大火事の原因を「キリスト教徒

のせい」だと決めつけて弾圧したことです。

多数派の多神教ローマ市民からすると、キリスト教徒は過激派

の不満分子にすぎず、いつかは弾圧しなくてはいけないと思っ

ていたらしく、共通の敵ができたことで市民の団結を図れたの

で、特に大きな問題にはならなかった。

皇帝ネロがどう666と繋がるのかという疑問があります。

カバラ数秘術ゲマトリアでは、アルファベットにそれぞれ数値

が割り付けられてます。それを用いて「皇帝ネロ(nrwnqsr)」

を計算すると、

n=50.r=200.w=6.n=50.q=100.s=60.r=200となります。

これを合計するとぴったり666になるのです。

加えて、「獣の像を拝まないものはみな殺させた」という黙示禄

の記述と、不満分子を徹底的に弾圧した強権的なネロの政治姿勢

も整合性があるとみなされている。

他にも「ローマ教皇」を指す説であったり、「ニーコン総主教」

を指す説であったりと色々ある。

666の人物は今後現れて世界を支配するかも?

ヨハネの黙示禄は世界の終末について書かれているとも言われて

います。

面白いたとえ話がありました。

とてつもない人気と実力を誇る政治家、ジョニーさん(仮名)が

登場しました。

彼は世界中の国々をまとめ上げて世界政府を樹立し、通貨を一つ

にして世界平和を実現します。

そして、手や額に埋め込むバーコード、ICチップのようなものを

全ての国民に付与します。

それがキャッシュカードにも身分証明書にもなり、それがない人

は売ることも買うことも、身分を証明することもできません。

なんだか今後ほんとにそんな世界になっていくのではないのか

なと思ってしまいます。

近年どんなものでも小型化が進んでいてキャッシュレス決済が

主流になってきています。

実際ヨーロッパにある企業では、手の一部に埋め込んだチップ

がなければ出社できず、社内のデバイスを使用できないような

実験を行ってる企業もある。

そしてヨーロッパでは一部を除きユーロで統一され、アジア、

アフリカ各国ではドルでの取引は当たり前になってます。

日本でも米国株式や海外のネットショップから物を買ったり

と、ドルは身近な存在になったと思います。

SDGsを通し、世界から国境という概念が無くなり言語・通貨

が統一されるような世界に近づいてる気がします。

「666=悪魔の数字」という認識が定着したのは、頭に「666」

と読めるアザを持つ少年ダミアンを主人公にした映画、「オーメ

ン」の影響が強いと言われています。

でも13のように不吉な事故やなんかが起こったって話は不思議と

全くありませんね。

もしかしたらヨハネの黙示禄の記述は、現代よりももっと先の

未来を予言した言葉なのかもしれない。

なんともロマンあふれる話である。