日記のようなもの、日常や体験、考えたこと感じたことを自由に
Uncategorized

iphone13が発表され、なんと楽天でも同時に発売されるようだ。

こんばんは、ナッツです!

発売当初にIphoneXを買い、楽天に乗り換えたいと思っていた

が機種に対応していなかったため妥協してUQへ…

楽天は13への参入さすがにちょっと遅れるのかなー…どうしようかな

と悩んでいましたが、なんとなんと三大キャリアと同時発売!

楽天は予想を裏切ってくれる…!

なにか最近、あれやりたいなー、これこうしたいなー、と色々考えて

いるとベストなタイミングで良い話が飛び込んでくると思うように

なった。

これはもう運命が言っている、iphone13を買えと言っている!

歩みは遅く、亀のごとくゆっくりだが、それでも確実に自分の行きたい

方向へと進めている、そんな感じだ。

さらば愛機IphoneX…カメラ部分がちょっと割れているから綺麗に

治してメルカリで新たなマスターを探してやろう。

忌み数なんて関係ないさ、appleなら迷信などぶち壊してくれる。

そしてapple最高責任者、ティム・クック氏がマサチューセッツ工業大学

の卒業式で語ったというスピーチがなかなか良かったのでご紹介。

人生の目的を見つけるのに15年かかった

「一体どこへ向かっているんだろう?」そう自分に問いかける時がくるだ

ろう。正直に言うと、私は同じ質問を問いかけ続け、答えを見つけ出すの

に15年近くかかった。

高校生の時には、何になりたいかを答えられればそれは人生の目的を発見

したことと同じだと思っていた。けれど違った。大学生の時には、学ぶコ

-スの選考が明確になっていれば見つけたも同然だと思っていた。それも

違った。社会人になってからは、いい仕事に就けばいいのだと思った。で

も違った。だったら昇進すればいいのかとも思った。けれど見つからなか

ったんだ。

クック氏は自分がどこへ向かっているのか?その問いに対し、答えはすぐ

に出ると言い聞かせて前進していました。

母校を訪れたり、宗教を信じたり哲学者の本を読んだりと様々なことを

して答えを求め続けましたが、一向に見つからない現実に苛立ちすら覚え

ていた。多くの人たちと同じように、現実にもがき苦しんでいたのです。

僕も自分の人生の目的がなんなのかわからず、ただ「成功者」という

曖昧な偶像を追いかけ続けて迷走していました。

「こんな田舎では…」「東京にさえ行けば…」「いい会社に就職すれば..」

「クリエイティブな仕事ができれば…」などなど。

でも実際に行動し、実現できていても理想と現実の違いや、求めていたもの

との違いに悩まされ、気づけばもう15年以上の歳月が過ぎてしまった。

クック氏はその後appleへと入社し、ジョブズの「人と違う考え方をしよう」

というメッセージや世界を変えることができると本気で信じる情熱に心打た

れ、とてもシンプルな「人の役に立つ」という考えに辿りつきました。

バカにするやつは放っておけ

社会には、あなたを小馬鹿にする人が沢山いるだろう。

インターネットは様々なことを可能にし、力を与えてくれる。けれど

善意がなくてくだらない、ネガティブなことがいきかっている場所でもある。

雑音に惑わされないでほしい。つまらないことに足を踏み入れないように。

嫌なやつには耳を貸さないように。そして頼むからそういう人にはならない

ように。人に好かれることではなく、役に立つことを軸に自分自身の影響力

を評価するように。他人の目を気にするのをやめた時、人生はより意義のあ

るものになる。君たちもきっと自分なりの人生の目的を見つける時が来るだろ

う。

こんな良い言葉を学生のうちに聞くことができたのはなんと幸運なことだろう。

今でこそ世界最高峰の企業の経営者ですが、そんな凄い人が決して飾らず、

普通の人に近い視点で経験を語ってくれる。

これほど響く言葉は中々ないと思います。

社会に出てから15年以上たち、ようやく自分自身の目的といえるものを

見つけ少しづつですが積み重ねていけている。

まだまだ足りないかもしれませんが、今が一番充実していて楽しいと

思えています。

2017年の動画ですべて英語なのですが、今回ご紹介した言葉は15分のスピ

ーチの中のほんの一部です。興味がある方はフルバージョンを貼っておくの

で見てみてください。