日記のようなもの、日常や体験、考えたこと感じたことを自由に
Uncategorized

SDGs 目標5ジェンダー平等を実現しよう

こんにちは、ナッツです!

ジェンダーっていう言葉も最近よく聞くようになってきました。

主に男女の違いの事かなーってイメージだったんですけど、他

にもいろいろな問題があるようです。

どんな感じなのかまずターゲットから見てみました!

目標5を構成する9個のターゲット

5-1

あらゆる場所におけるすべての女性及び女児に対するあらゆる

形態の差別を撤廃する。

5-2

人身売買や性的、その他の種類の搾取など、すべての女性及び

女児に対する、公共・私的空間におけるあらゆる形態の暴力を

排除する。

5-3

未成年者の結婚、早期結婚、強制結婚および女性器切除など、

あらゆる有害な慣行を撤廃する。

5-4

公共サービス、インフラ及び社会保障政策の提供、ならびに各国

の状況に応じた世帯・家族内における責任分担を通じて、無報酬

の育児・介護や家事労働を認識・評価する。

5-5

政治、経済、公共分野でのあらゆるレベルの意思決定において、

完全かつ効果的な女性の参画及び平等なリーダーシップの機会を

確保する。

5-6

国際人口・開発会議(ICPD)の行動計画及び北京行動綱領、な

らびにこれらの憲章会議の成果文書に従い、性と生殖に関する

健康及び権利への普遍的アクセスを確保する。

5-a

女性に対し、経済的資源に対する同等の権利、ならびに各国法に

従い、オーナーシップ及び土地その他財産、金融サービス、相続

財産、天然資源に対するアクセスを与えるための改革に着手する。

5-b

女性の能力強化促進のため、ICTをはじめとする実現技術の活用

を強化する。

5-c

ジェンダー平等の促進、ならびにすべての女性及び女子のあらゆる

レベルでの能力強化のための適性な政策及び拘束力のある法規を

導入・強化する。

ジェンダーと世界でのその弊害

ジェンダー:社会的意味合いから見た、男女の性区別。

「男だから」や「女だから」と言われたことは誰でもあると思い

ます。男女の違いは身体の作りの他にも、社会的や文化的な役割

の違いがあります。

「男性は、女性はこうあるべき、するべき」といったように、み

んなが無意識に考えているイメージです。

例えば「外で働くのは男性で、家のことするのは女性」みたいに

決めつけたりする先入観です。それによってジェンダーの不平等

や差別が生まれていると言われています。

以前の記事でも書いたように世界には女性に満足な教育をうけさ

せなかったり、18歳未満の子供時代に望まぬ強制結婚をさせられ

てる子もいます。

2018年3月にユニセフが公表した推計データではその数は年間

1200万人、たった1日で3万人の女の子が望まない結婚をさせら

れてることになります。

人身売買で売られるケースもあり、大人になっても自由に仕事を

することは許されず家事や育児に専念するしかない、

家庭の中で暴力を受けるなど差別に苦しむ女性も少なくない。

日本でもこの根はなかなか深いと思う、だいぶ減ってはきてるの

かなーとも思うんですがこの問題って女性個々の心情によっても

問題が結構分かれてきたりするので難しいですよね。

この問題に対して個人的に思うこと

もちろん他国で未成熟な女性が強制結婚させられたり、学校いか

せてもらえなかったり、育児に専念させられて家庭内暴力ふるわ

れたりってのは是正されなければならない。

では日本ではどうなのかというと、男女の社会的・文化的な格差

を比べた2020年の「ジェンダーギャップ指数」によると、日本

は149カ国中121位という結果だった。

ジェンダーギャップ指数:経済・政治・教育・健康の分野で男女

の違いを比べたもの。日本は教育、健康の分野では男女平等です

が、労働力、企業の幹部などの男女の割合を比べた経済の分野は

世界平均と同じくらい、政治家などの男女比を比べた政治の分野

では大幅に女性の数が少なくなっています。

この問題ってやっぱ結婚・出産・育児が大きなハードルになって

るんだろうなーと思います。

企業としては男性だろうと女性だろうとちゃんと実績出し続けて

くれる人を幹部採用するのって全く問題じゃないですよね。

結婚せず、または結婚しても子供は生まない。生んだとしても

仕事は入院期間くらい休んでもすぐに復帰して仕事に専念できる

ってくらい仕事に真摯に向き合えるならいいんですよ。

会社は利益出し続けなきゃ存続させることはできないし、もし

潰れてしまったら何十人何百人って人が路頭に迷ってしまうの

ですから、大事な幹部クラスに穴開けられたくはないですよね。

子どもは女性にしか産めないですし、子どもを産まずに仕事に

専念したいって女性が増えれば増えるほど少子化は加速します

し、少子化はこの先何十年・何百年というスパンで国を衰退さ

せる遅効性の毒みたいなもんですからね。

どうしたらいいものやら。身体のつくりがそもそも違うのだし

男女平等!社会的格差をなくせ!なんて叫ばれても僕は区別

することも必要だと思います。

なんかとある企業の面接時に面接官が女性に対し、「もし結婚

して出産したとしても当社で働けますか?」的な質問をしてい

たらしく、これが「差別だ」と問題になったとか…いやいや

企業にとっては重要なことだから聞いてるのに。。。

そして出産後継続的に働くために子供を保育園に預けるって

人も多いのですが、その保育園も足りておらず「待機児童」

も問題になっているとか。

保育園が抱える問題

保育園足りないなら作ったら儲かるんかな?とも思いましたが

現実的にそんな簡単に作れるものでもないようだ。

まず保育というのは規定が色々あり、0歳児が3人いると保育士

は1人必要で、1歳・2歳児が6人いたら1人必要といったように

子どもの数が多ければ多いほど保育士の数は必要になってくる。

そして保育士の年収は他の職種に比べ平均100万以上安いとい

うデータがある。

その理由は親が支払う保育料の上限が約10万と決まっているこ

とや、国からの補助金で成り立っている背景もある。

その待遇の悪さにプラスし、子供の命を預かる責任と保護者の

就業の多様化にともない、延長保育の対応やモンスターペアレ

ントの増加、子供のアレルギー対応など仕事は増える一方人数

を増やすこともできない。

そして定員が20人以上で0歳児・1歳児一人当たり基準面積が

3.3㎡必要になってくるので都心では土地の確保も大きな問題

となってくる。

保育所作れる土地があるなら駐車場でも作った方がはるかに

儲かると言われてるくらい保育所の財政は悪い。

おまけに近隣住民から「子供の声がうるさい」などの声も

あるという。

自己中な人間ってどこにでもいますね…まぁこのジェンダー

問題も割と社会的な秩序を無視した自己中心的な主観を主張

する人の声がでかいような気もします。

前ちょっと話題になったニュースですが、とある書店で男性

が女子トイレを利用しているのを目撃した店員が警察に通報

し逮捕されたとか。

その男性は身体は男性だけど心が女性というLGBTの人で

ネット上では結構物議を醸しだしていました。

逮捕は差別だという人もいれば、多目的トイレ使えよという

ような感じで。

別にいいんですけど、少なくとも社会は身体の構造上男女で

分けなきゃならない事ってたくさんあると思います。

LGBTの人はその構造から外れた存在であることをまず自覚

してそれから第三の選択肢を考えなきゃならないですよね。

心は女性だから女子トイレ、女性用風呂に入らせろとかいう

手前勝手な主張する人がいるからこういった男女間の問題

ってややこしくなるんですよねー。