日記のようなもの、日常や体験、考えたこと感じたことを自由に
Uncategorized

SDGs15 陸の豊かさを守ろう

こんにちは、ナッツです!

SDGs14は海をテーマにしてましたが、15では陸がテーマ

となってるようです。

陸上の森林や生物に焦点をあてているようなので、具体的に

どんな感じなのか見ていきましょう。

目標15のターゲット

15‐1

2020年までに、国際協定の下での義務に則って、森林、湿地、

山地及び乾燥地を始めとする陸域生態系と内陸淡水生態系及び

それらのサービスの保全、回復及び持続可能な利用を確保する。

15‐2

2020年までに、あらゆる種類の森林の持続可能な経営の実施を

促進し、森林減少を阻止し、裂開した森林を回復し、土地劣化に

加担しない世界の達成に尽力する。

15-3

2030年までに、砂漠化に対処し、砂漠化、干ばつ及び洪水の影

響を受けた土地などの劣化した土地と土壌を回復し、土地劣化

に加担しない世界の達成に尽力する。

15‐4

2030年までに持続可能な開発に不可欠な便益をもたらす山地

生態系の能力を強化するため、生物多様性を含む山地生態系の

保全を確実に行う。

15‐5

自然生息地の劣化を抑制し、生物多様性の損失を阻止し、2020

年までに絶滅危惧種を保護し、また絶滅防止するための緊急かつ

意味のある対策を講じる。

15‐6

国際合意に基づき、遺伝資源の利用から生ずる利益の公正かつ衡

平な配分を推進するとともに、違法な野生生物製品の需要と供給

の両面に対処する。

15‐7

保護の対象となっている動植物種の密漁および違法取引を撲滅す

るための緊急対策を講じるとともに、違法な野生生物製品の需要

と供給の両面に対処する。

15‐8

2020年までに、外来種の侵入を防止するとともに、これらの種

による陸域・海洋生態系への影響を大幅に減少させるための対策

を導入し、さらに優占種の駆除または根絶を行う。

15‐9

2020年までに、生態系と生物多様性の価値を、国や地方の計画

策定、開発プロセス及び貧困削減のための戦略及び会計に組み込

む。

15-a

生物多様性と生態系の保全と持続的な利用のために、あらゆる

資金源からの資金の動員及び大幅な増額を行う。

15‐b

保全や再植林を含む持続可能な森林経営を推進するため、あらゆ

るレベルのあらゆる供給源から、持続可能な森林経営のための資

金の調達と開発途上国への十分なインセンティブ付与のための相

当量の資源を動員する。

15‐c

持続的な生計機会を追及するために地域コミュニティの能力向上

を図る等、保護種の密漁および違法な取引に対処するための努力

に対する世界的な支援を強化する。

目標15が作られた背景

現在、地球の陸地面積の30%を占める約40億ヘクタールの森林

が毎年1300万ヘクタールも失われている。それによって様々な

問題が起きているのです。

木材は人の生活に欠かすことができず、日常生活の中で様々な

用途として消費されています。

人口の増加と共に必要とされる量も増え、過剰な森林の伐採が

人以外の生態系にも影響を与えています。

また干ばつや砂漠化も年々深刻化しており、全世界で1200万

ヘクタールの農地が焼失し、貧しいコミュニティに影響がで

ています。

そして地球上で確認されている8300の動物種のうち8%は絶滅

し、22%が絶滅の危険にさらされてるのです。

日本ではどうなのだろう

日本は豊かな自然がまだまだある気がします、住んでるのが

北海道なのでよけいなのでしょう笑

しかしつい最近も札幌の街中でクマが出没し4~5人襲われる

事件も起きました、毎年のようにこの時期になると出てきてる

気がしますがそれが住処を奪われたことによるものなのかは

わかりません。

クマって結構頭いいですから人の食べ物をどこかで貰ったり

拾い食いして味を知ってしまったりとか、人を食べたクマは

また人を襲うようになるとか色々ありますからね。

1958年から1961年まで毛沢東の指示により、スズメは農業の

大敵だとして殺すように指示したことがありました。

しかしその結果スズメに食べられていたイナゴが大繁殖して農

業には余計に大打撃を受けたとか。

日本でも「ニホンオオカミ」が害獣として駆除され、その姿は

ほとんど現在で見ることはできません。絶滅したのかはたまた

人目に触れないところでひっそりと生きているのか。

しかしそのニホンオオカミが駆除されたことにより日本各地で

鹿が繁殖し農作物を荒らすという事態にもなっています。

オーストラリアでタスマニアデビルっていう結構狂暴なタヌキ

みたいな動物を保護しているのですが、その保護している島か

らもともと生息していた小型のペンギンが姿を消したという

ニュースも見ました。

絶妙な自然界のバランス

ほんと自然界ってのはうまい具合にバランスが取れてるんだな

っとつくづく思います。

弱くて簡単に死んだり食べられるものは生まれてくる数も多く、

逆に強い捕食者は天敵が少ない分生まれてくる数も少ない。

人間は知性が凄くて色々な道具を作り出し、野生動物との競争

に勝ち上がって自然界の頂点に立ったのだし害があるなら駆除

されるのも仕方のない話なのかなと思います。

動物や生物だって生存本能ってのがあるのですから、人間が危

険だと思えば移動したり上手く姿を隠したりもするし、もっと

数を増やせるように進化だってするし犬や猫のようにペット化

して人間と共存することもできるだろう。

人間の生活だって環境の1つに過ぎずそれに適応できなければ

滅んでいくのも一つの自然の摂理なんんじゃないかなと思いま

す。

これって別に動植物だけじゃなく人間にも言えるのかもしれ

ませんね笑

こんなこと言ったら怒られるかもしれませんが後発開発途上国

は生活レベルも低く知性も低く、そして寿命も30~50代くらい

までしか生きられない。

だから子供たくさん作って生き残れるように生存本能が働いて

るんでしょうね。なんとも理にかなった法則です。

逆に先進国の人口が減少しているのは強者である証なのかも

しれません。

SDGsって「誰一人見捨てない」っていう非常に優しい信念の

もと作られててとても良いことなのかもしれません。

でも裏を返せば環境も生物も人間もあれもこれも救いたいって

いう自然界の法則を無視した欲張りな人間のエゴなのかもしれ

ない笑