日記のようなもの、日常や体験、考えたこと感じたことを自由に
Uncategorized

SDGs 飢餓をゼロに

こんにちは、ナッツです!

二つ目のゴール、飢餓をゼロにについて今日は書いていきます!

日本じゃ飢餓で苦しむ人はあんまいないでしょうね。

たまーにアホ親のせいで放置されて小さな子が餓死しちゃったり

…なんてニュースはありますが。

世界ではどのくらい問題になってるのか調べてみました。

飢餓をゼロにするためのターゲット
SDGs|目標2 飢餓をゼロに|8億人を飢餓から救う

2-1

2030年までに飢餓を撲滅し、全ての人々、特に貧困層及び幼児

含む脆弱な立場にある人々が一年中安全かつ栄養のある食料を

十分に得られるようにする。

2-2

5歳未満の子供の発育阻害や消耗性疾患について国際的に合意さ

れたターゲットを2025年までに達成するなど、2030年までに

あらゆる形態の栄養不良を解消し、若年女子、妊婦・授乳婦及び

高齢者への栄養ニーズへの対処を行う。

2-3

2030年までに、土地、その他の生産資源や、投入財、知識、

金融サービス、市場および高付加価値化や非農業雇用の機会

への確実かつ平等なアクセスの確保などを通じて、女性、先住民

、家族農家、牧畜民及び漁業をはじめとする小規模食糧生産者の

農業生産性及び所得を倍増させる。

2-4

2030年までに生産性を向上させ増やし、生態系を維持し気候変動

や極端な気象現象、干ばつや洪水およびその他の災害に対する適応

能力を向上させ、土地と土壌の質を改善させるような持続可能な

食料生産システムを確保し、強靭な農業を実践する。

2-5

2030年までに国や地域及び国際レベルで適正に管理多様化された

種子・植物バンクなども通じて、種子・栽培植物・飼育・家畜化

された動物及びこれらの近緑野生種の遺伝的多様性を維持し、

国際的合意に基づき遺伝資源およびこれに関連する伝統的な知識

へのアクセス及びその利用から生じる利益の公正かつ均等な

配分を促進する。

2-a

開発途上国、特に後発開発途上国における農業生産能力向上のため

に、国際協力の強化などを通じて、農業インフラ・農業研究・普及

サービス・技術開発及び植物・家畜のジーン・バンクへの投資の

拡大を図る。

2-b

ドーハ開発ラウンドの決議に従い、全ての形態の農産輸出補助金

および同等の効果を持つすべての輸出措置の並行的撤廃などを

通じて、世界の農産市場における貿易制度やゆがみを防止する。

2-c

食料価格の極端な変動に歯止めをかけるため、食料市場及び

デリバティブ市場の適正な機能を確保するための措置を講じ

、食料備蓄などの市場情報への適時のアクセスを容易にする。

以上が飢餓をゼロにするための目標ですね。

途上国・先進国が後発途上国に食料支援や農業開発の技術を

積極的に支援するために投資をしていくってとこでしょうか。

そもそも飢餓ってどんな状態?そしてなぜ起こるのか

飢餓とは十分な食べ物を食べれず栄養不足になったり、免疫

が落ちて健康な状態を保つことができなくなった状態です。

現在世界には8億人もの飢餓で苦しむ人がいます。

主にアフリカや南アジアを中心とした途上国の農村部に

住む貧しい農家の人達で、体が十分に出来上がってない

子供は病気と闘う力も弱く命を落としてしまいます。

そして子供が育たないということはその国の成長や発展の

遅れともなり飢餓の問題は、健康や命の問題にも加え教育や

雇用などSDGsの他の目標とも関連の深い目標です。

その原因は様々な物があります。

・自然災害

・紛争

・農業技術の低さ

食料不足で苦しむ人の8割は自然災害が発生しやすい場所で

生活をしています。

地震や津波、洪水や干ばつが起こると農作物や田畑が被害

を受け食料を手に入れることが難しくなります。

同時に農業をするために必要な道具、さらには住む場所

まで失う場合もあり食料安定供給に大打撃を与えます。

そして世界で飢餓に苦しむ人たちの約5億人は紛争地域

で暮らしています。

紛争が起きると家や農地などをすべて捨てて非難しなく

てはなりません。そうなると食料の確保も困難となり

飢餓になってしまいます。

また紛争や自然災害が起こらなくても農業技術が低い

と収穫量が少なく、十分な量を確保できません。

肥料の確保のためや新しい農地を作るために隣の森を

燃やす「焼き畑農業」を行うなどして大切な森を

失ってる地域もあります。

交通が整ってなかったり貯蔵や保存施設も十分でない

など、生産したものを適切に運び供給することが

できないことも飢餓を生み出す原因になります。

災害や農業技術ってのは教育や対策を充実させれば

何とかなりそうな気もしますが…紛争ってのは

ちょっとどうしたらいいんでしょうね。

せっかく田畑や施設作っても全部紛争で壊れたら

全く意味もないですから、しかし紛争が起きる原因

ってのには資源確保も大きく関係してますし。

何から手を付けていいのかわからない問題ですね。

日本で捨てられる大量の食べられるもの

一方日本は子供の死亡率も低く栄養状態は非常に良い国です。

医療や食料面の問題は無いといってもいい。

しかし食料自給率(必要な量を自分の国で生産する割合)は

約37%で食べ物の半分以上を海外からの輸入に頼っています。

ですが本来食べられるのに捨てられてしまう食べ物が年間で

643万トンもあるという結構衝撃的な事実もあります

圧倒的供給過多…もっと適切な量を適切に配分できれば飢餓

問題は解決するのだろうと思います。

結局海外で作られた食料だってお金のある企業や国に買われ

てしまいますからね。自国の貧民層には行きわたらない

のでしょうか。

僕も生きてきた中で何度か捨てられる食について思ったこと

がありました。

働いてきた中で遭遇した食について考えたこと

僕が20代前半だったころ東京のコンビニで半年ほど働いた事

がありました。

毎日のように出る大量の廃棄品、コンビニでは万一にも

食中毒など出さないよう早めに期限設定がされてるそうです。

そのころリーマンショックの影響で沢山の失業者が連日

ニュースで報道されており自衛隊などの国の機関が炊き出し

をやっていたんです。

僕は東京のコンビニで廃棄になる食べ物をその失業者の

人達にもっていってあげたら捨てなくてもいいし一石二鳥

だよなーと思って店長に言ったことがあります。

しかし当然と言えば当然なのですが帰ってきた言葉は

「気持ちはわかるがそれで誰か食中毒になったら誰が

責任をとるんだ?他人の心配するよりまず自分のことを

しっかり考えなさい。

みんな自分たちのことで精一杯なんだ。」と。

もしかしたらその行動が何かを大きく変えるかもしれ

ないって誰でもわかってる。

でももし自分が行動して何か問題が起きたときに対処

できない、だから何もしない。

子供が遊んでて怪我するかもしれないから遊具を撤去

するとか。副作用が怖いからワクチン打ちたくないとか

ほんといい加減にしろって思います。

怪我なんて治るだろ、副作用だって2~3日すれば治る

だろ。怪我も痛みも知らず大人になるって豆腐メンタル

どころじゃないですよね。

だから一度や二度の失敗に絶望して何もしなくなる

人間が増えてるんじゃないかな。

コンビニの話に戻りますが廃棄が毎日のように出るって

いうのは必要以上に発注してるってことですよね。

コンビニには見栄えの問題なのか、万一にも「品切れ」

で商品が売れないということが無いよう発注するという

ルールのようなものがあるようだ。

だから常に必要以上の商品があり毎日のように捨てられ

ている。

僕の地元には昔から毎日毎日行列ができる丼物屋がある。

僕が多分生まれる前からその店はあって店の前を通る

たび毎日行列ができている。

店は古くてボロボロでところどころヒビが入っていて

行列がなければ自分から進んで入ろうとは思わない店だ。

特別な物でもないし地元では他にも同じものを提供してる

店が沢山ある地元名物の丼物屋だ。

ただ一つその店が他の店と違うところは「一日決まった数

しか提供しない」というところだった。

毎日ほぼ昼の時間帯で完売する。だから「早くいかなきゃ

食べられない」という特別感がお客さんを途切れさせない

のだろう。行列ができれば話題性もあり観光客も集まる。

そして店主は「自分に必要なお金」というものをしっかり

把握してるのだろう。無駄遣いをせずそのお金があれば

満足に暮らせるということをよく知っている。

だから必要以上に発注する必要もない。人も必要以上に

雇う必要もない、だからほぼ他の店に比べても無駄が

無い経営をしていると思う。

SDGsの考えからすれば理想的な経営をしてるといえる

のではないだろうか。

物もお金も人は誰でも必要以上に求めてしまう。

無くなるのが怖いからもっともっと必要だと思ってしまう

のだろう。

たとえ欲しい物を手に入れたとしてもさらに良い物を

求め続けてしまう。

人の欲望が大きな無駄を生み続けていると思いました。

最近コンビニの廃棄までの期限が見直されたって報道

あった気がします。

少しずつですがSDGsの考え方が浸透していけば

そういう必要以上にという考え方が見直されていく

のでしょうかね。

そして健康志向も高まるので、ラーメンを中心とした

高カロリーなジャンクフード店はもしかしたら苦境

へと向かっていくかもしれませんね笑

ただの何となくそう思いました。