日記のようなもの、日常や体験、考えたこと感じたことを自由に
Uncategorized

SDGs12 作る責任、使う責任

こんにちは、ナッツです!

先進国では毎日のようにたくさんの食べ物や便利なアイテムが

工場で作られ、販売され、使われています。

しかしその一方で大量に捨てられる食べ物や処理に困るゴミの

山、そして物を作るための資源の枯渇が懸念されています。

そういった問題をどうするか、そして資源を効率的に使い持続

させるにはどうしたらいいのか?ということがテーマになって

います。

目標12のターゲット

12-1

開発途上国の開発状況や能力を勘案しつつ、持続可能な消費と

生産に関する10年計画枠組み(10YFP)を実施し、先進国主

導の下すべての国々が対策を講じる。

12-2

2030年までに天然資源の持続可能な管理及び効率的な利用を

達成する。

12-3

2020年までに小売・消費レベルにおける世界全体の一人当た

りの食料の廃棄を半減させ、収穫後損失などの生産・サプライ

チェーンにおける食品ロスを減少させる。

12-4

2020年までに、合意された国際的な枠組みに従い、製品ライフ

サイクルを通じ、環境上適正な化学物質や全ての廃棄物の管理

を実現し、人の健康や環境への悪影響を最小化するため、化学

物質や廃棄物の大気、水、土壌への放出を大幅に削減する。

12‐5

2030年までに、廃棄物の発生防止、削減、再生利用及び再利用

により、廃棄物の発生を大幅に削減する。

12-6

とくに大企業や多国籍企業などの企業に対し、持続可能な取り

組みを導入し、持続可能性に関する情報を定期報告に盛り込む

よう奨励する。

12-7

国内の政策や優先事項に従って持続可能な公共調達の慣行を

促進する。

12-8

2030年までに、人々があらゆる場所において、持続可能な

開発及び自然と調和したライフスタイルに関する情報と意識

を持つようにする。

12-a

開発途上国に対し、より持続可能な消費・生産形態の促進の

ための科学的・技術的能力の強化を支援する。

12-b

雇用創出、地方の文化振興・商品販促につながる持続可能な

観光業に対して図持続可能な開発がもたらす影響を測定する

手法を開発・導入する。

12-c

開発途上国の特別なニーズや状況を十分考慮し、貧困層やコ

ミュニティを保護する形で開発に関する悪影響を最小限に留

めつつ、税制改正や、有害な補助金が存在する場合はその環

境への影響を考慮してその段階的廃止などを通じ、各国の状

況に応じて、市場のひずみを除去することで、浪費的な消費

を奨励する化石燃料に対する非効率的な補助金を合理化する。

日本の食品ロスの現状

日本全国で排出される食品廃棄物は年間約1700トンにもなり

ます。このうち半分強が調理クズですが、食べ残しなどの食品

ロスは約3~4割にあたる年間500~800万トンと試算されて

おります。

世界でも先進国を中心に同じような現状であり、生産される食

品の約3分の1が廃棄されています。

途上国でも食品ロスは発生してるのですが、先進国とは違い

消費者に届く前段階の、生産や輸送の際に発生するのが約4割

と高い割合を占めている特徴があります。

この途上国の問題は冷蔵設備や輸送体制などが整えば今後急

ピッチで解決されていくと思われます。

この状況に対して先進国の方では、消費者の多様なライフス

タイルや嗜好に対応するあまり必要以上に食品が供給されて

いるということが原因であると推察されます。

日本での廃棄物リサイクル

日本は21世紀以降循環型基本形計画の中で最終処分量の目標値

を決め、償却やリサイクルによる処分を推進した結果、ゴミの

総排出量は2000年をピークに減少傾向にある。

2016年の産業廃棄物の量は約3億9000万トン、一般廃棄物は

4300万トンほどです。

排出量の減少と共に、リサイクル率は年々上昇を続けています

が、日本の2016年リサイクル率は約20%、他の先進国と比べ

るとまだまだ大きく下回っているという現状です。

近年シェアリングやサブスクといった感じで、「買う」のでは

なく複数の人と「共有」して使うサービスが非常に広まった気

がします。

急速にシェアサービスが広まった背景にはSDGsを意識した

大企業の取り組みがあったのかもしれません。

もっと適切な数を割り出したり上手く再利用したりして、多く

の無駄が減るようになると良いですね。