日記のようなもの、日常や体験、考えたこと感じたことを自由に
Uncategorized

SDGs14 海の豊かさを守ろう

こんにちは。ナッツです!

SDGsは世界中の貧困や環境問題がテーマになってますけど、

14では主に海洋問題について触れてるようですね。

日本では漁業権などによって海洋資源が守られ、ゴミも海外

に比べたら少ない方だとは思います。

しかし海外では生物の乱獲や山積みにされたプラスチック

ゴミなどが大きな問題になってるようです。

目標14のターゲット

14-1

2025年までに、海洋堆積物や富栄養化を含む、特に陸上活動に

よる汚染など、あらゆる種類の海洋汚染を防止し、大幅に削減

する。

14-2

2020年までに、海洋および沿岸の生態系に関する重大な悪影響

を回避するため、強靭性(レジリエンス)の強化などによる持続

的な管理と保護を行い、健全で生産的な海洋を実現するため、海

洋及び沿岸の生態系の回復のための取組を行う。

14-3

あらゆるレベルでの科学的協力の促進などを通じて、海洋酸性化

の影響を最小限化し、対処する。

14-4

水資源を、実現可能な最短期間で少なくkとも各資源の生物学的

特性によって定められる最大持続生産量のレベルまで回復させる

ため、2020年までに、漁獲を効果的に規制し、過剰漁業や違法・

無報告・無規制(IUU)漁業および破壊的な漁業慣行を終了し、

科学的な管理計画を実施する。

14‐5

2020年までに、国内法及び国際法に則り、最大限入手可能な化学

情報に基づいて、少なくとも沿岸域及び海域の10%を保全する。

14‐6

開発途上国及び後発開発途上国に対する適切かつ効果的な、特別

かつ異なる待遇が、世界貿易機関(WTO)漁業補助金交渉の不可

分の要素であるべきことを認識したうえで、2020年までに、過剰

漁獲能力や過剰漁獲につながる漁業補助金を禁止し、違法・無報告

・無規制(IUU)漁業につながる補助金を撤廃し、同様の新たな補

助金の導入を抑制する。

14-7

2030年までに、漁業、水産養殖および慣行の持続可能な管理など

を通じ、小島嶼開発途上国及び後発開発途上国の海洋資源の持続的

な利用による経済的便益を増大させる。

14-a

海洋の健全性の改善と、開発途上国、特に小島嶼開発途上国および

後発開発途上国の開発における海洋生物多様性の寄与向上のために、

海洋技術の移転に関するユネスコ政府間海洋学委員会の基準・ガイ

ドラインを勘案しつつ、科学的知識の増進、研究能力の向上、及び

海洋技術の移転を行う。

14-b

小規模・沿岸零細漁業者に対し、海洋資源および市場へのアクセス

を提供する。

14-c

「我々の求める未来」のパラ158において想起される通り、海洋お

よび、海洋資源の保全及び持続可能な利用のための法的枠組みを規

定する海洋法に関する国際連合条約(UNCLOS)に反映されている

国際法を実施することにより、海洋および海洋資源の保全及び持続

可能な利用を強化する。

深刻な海洋問題

汚染の原因は様々ですが8割は陸地からの影響であると言われる。

二酸化炭素や農業および工業廃水、未処理の下水や油、栄養塩類、

堆積物などが海へ流れ込み、悪影響を与えている。

他にも漁業や養殖業、製造業、沿岸の観光業、港湾開発など多種

多様な活動が海洋汚染に影響しているのです。

海洋汚染は「海洋温暖化」「海洋の酸素欠乏」「海洋の酸性化」

といった状態を引き起こしている。

海洋温暖化の影響

地球温暖化とともに海水の温度も年々上昇しています。

海水の温度が上がると海流の変化が引き起こされ、魚が住みにくい

海流に変化したりするので海洋中の生態に影響があるとされます。

そしてサンゴ礁が枯れて白化していしまい、海洋の酸素欠乏や酸性

化も助長されていしまいます。

海洋の酸素欠乏の影響

海水温の上昇は海流の変化だけではなく、水中に溶ける酸素の量

が減少するために海洋の酸素欠乏も引き起こされます。

酸素欠乏は海洋生物やプランクトンにも多大な影響を起こします。

プラスチックごみの問題

日常でよく使われているプラスチック系のゴミも海洋に大きな影

響を与えています。

世界中で毎年やく800万トンのプラスチックごみが海洋に流れで

ているという試算もあり世界中で問題となってます。

30%の魚が必要以上に乱獲されたもの

海の生き物の中には絶滅の危機に直面しているという現状もあり、

その一つの原因は魚の乱獲にあります。

世界的な健康ブームの高まりによって、肉より魚を食べる人が

世界中で増加傾向にあり、加工・保存・輸送技術の進化により

多くの魚介類が消費されるようになりました。

そうすると魚を捕る量が増加してしまうので、結果として魚の

量が減ってしまうのです。

現在の世界の海洋資源を調べたデータがあるのですがそれによ

ると。

・十分利用している海の資源:58%

・必要以上に撮りすぎている海の資源:31%

・魚を捕る余裕がある海の資源:10%

日本でもサンマが取れなくなり価格がむちゃくちゃ高騰したり

もしましたよね。

今後も違法漁業や乱獲などの過剰資源の利用が続くと海洋資源

が減少してしまい、安定した供給ができなくなると予想されて

います。

サンマの外にも「二ホンウナギ」が絶滅危惧種として指定され

ています。もうすぐ丑の日としてスーパーにもたくさん並んで

ますね。

スーパーに並んでるウナギはほとんどが養殖されたものなんで

しょうけど、食を守るために育てるための養殖場もまた海洋を

汚染しているとはまた皮肉が利いてますなぁ。