日記のようなもの、日常や体験、考えたこと感じたことを自由に
Uncategorized

SDGs7 エネルギーを皆に、そしてクリーンに

こんにちは、ナッツです!

今使われてるエネルギーといえば何が思い浮かぶでしょうか。

やっぱり電気やガスですかね?もはや生活に欠かすことので

きないエネルギーですが、例にもよって世界には8億人もの

人々が電気を利用できない生活をしています。

そして日本でも東日本大震災で原発は危険だからやめろ!

脱原発!なんて声もあがりエネルギーの生末はどうなるのか

わかりません。色々調べてみました。

SDGs7のターゲット

7-1

2030年までに、安価かつ信頼できる現代的エネルギーサー

ビスへの普遍的アクセスを確保する。

7-2

2030年までに、世界のエネルギーミックスにおける再生可

能エネルギーの割合を大幅に拡大させる。

7-3

2030年までに、世界全体のエネルギー効率の改善率を倍増

させる。

7-a

2030年までに、再生可能エネルギー、エネルギー効率及び

先進的かつ環境負荷の低い化石燃料などのクリーンエネルギ

ーの研究および技術へのアクセスを促進するための国際協力

を強化し、エネルギー関連インフラとクリーンエネルギー技

術への投資を促進する。

7-b

2030年までに、各々の支援プログラムに沿って開発途上国、

とくに後発開発途上国及び小島嶼開発途上国、内陸開発途上

国のすべての人々に現代的で持続可能なエネルギーサービス

を供給できるように、インフラ拡大と技術向上を行う。

今回は5つだけですね、今までに比べたら少ない笑

世界のエネルギー問題とクリーンエネルギー

電気が使えない一部の地域では薪や炭を燃やして料理や暖房

としています。日本でいうと江戸時代くらいは電気がなくて

そんな生活だったんでしょうかね。

そういった暮らしをしてる人達は世界に約30億人もいるよう

で、煙による健康被害もなかなか深刻なようだ。

そして夜には真っ暗になってしまうので、仕事や勉強もなか

なか難しい。

そして日本でもまだまだ利用されている「化石エネルギー」

石油、石炭、天然ガスも限りあるエネルギーと言われ、今の

ようなペースで使い続けると100年後にはほとんど使い果た

してしまうという予測もあります。

さらには化石エネルギーを作り出すときに二酸化炭素が発生

するのも問題とされ、消費量が増えると温暖化や気候変動が

さらに深刻になると言われています。

その問題を解決するために今再生可能な自然エネルギーとい

うのが注目されており先進国を中心に積極的導入されている。

再生可能なエネルギー

再生可能エネルギー:太陽光、水力、風力、バイオマス、地熱

などのエネルギー。使用しても資源を再生することが可能なの

で、石油などの化石燃料のように資源が無くなる心配がない。

また、CO2を出すこともないので環境にも優しいといわれる。

なんとなーくわかるものもあれば実際どんなん?ってのもある

ので一個ずつ調べてみます。

太陽光エネルギー

最近だと家電屋もリフォームでパネル付けませんか?って勧め

てきますよね。田舎では空いてる土地を業者が買って大量のパ

ネルを設置したりもしてます。

地球上に到達する太陽光のエネルギー量は1㎡あたり約1kw。

太陽光パネルはその光エネルギーを直接電気に変換するための

ものです。

もし地球全体に降り注ぐ太陽エネルギーを100%変換できると

したら、世界の年間消費エネルギーをわずか1時間で賄うこと

ができると言われるほど巨大なエネルギーであり、しかも枯渇

することがないという。完璧ですね。

日本は石油や石炭などのエネルギー資源が取れず、ほとんどを

諸外国からの輸入に頼っています。

この太陽光発電は年々深刻化するエネルギー資源問題の有力な

解決策の一つと言われています。そして日本は世界でもトップ

クラスの太陽光技術を有しており、今後もその導入量の増加が

期待されています。

風力発電

風の力で風車を回し発電するエネルギーですね。太陽光に比べ

地域が割と限定されてしまうのですが、2016年度末で2203基

あります。海上に設置する「洋上風力発電」も検討されている

ようでだ。

また、大規模に設置できれば発電コストも火力並みで経済性も

確保できる可能性があり、風車の高さや羽根によって異なるも

ののかなり高効率で電気エネルギーへと変換できる。

太陽光と違い夜間でも発電可能なのも良いところだ。

残りも書くと長くなってしまうのでこの辺で終わっておきます。